和文化継承家【オンライン】

こんな方におすすめします!

・本当の日本人を知りたい
・自分の中の日本人を引き出したい、見つけたい
・それによってあらゆる仕事の中で日本人の知恵を生かし、簡単明瞭な美を身に付ける
・未来の日本人に向けてどういうものを残すかを明瞭にしたい
・美しき日本人を量産したい
・そのためにはまず自分自身が一番美しく輝いていたい
・財のからくりを知ってそれを日常の生活に生かしたい
・豊かでアクテイヴ世界に日本の文化を知らしめたい

講師紹介


きもの文化研究家
中谷 比佐子

女性誌の編集記者を経て「秋櫻舎」を設立。
きもの季刊誌「きもの秋櫻」の発行。
「きものが私をどう変えるか」というきっかけからきものを着続け50年。
きものを切り口に日本の文化、日本人の考え方の基本を学び伝承している。
農林水産省蚕糸業振興審議会委員として、国産シルクブランドの開発に携わる。
平成25年「蚕糸功績賞」を財団法人大日本蚕糸会、正仁親王より拝受「きものサロン」などのきもの雑誌の企画・監修。

中谷比佐子先生により語られる日本文化


開催日程/カリキュラム

「愛」「美」「財」の3つのテーマに沿って、この講座は全6回開催いたします。

2020年10月18日(日曜日) 13:30 – 15:00

「愛」第1章
人が生きる、人と慣れ親しむ、自然との共存共栄そのすべての根底は「愛」から始まります。
愛はいつ形づけられるか、それは「胎児」の時です。
その時の「言葉」に深い意味があり、振り返り確認して、さらに自分自身を愛することを学びます。
子供をいかに大事にしていたか日本に伝わる子供の祝い方から大人たちの想いを紐解きます。

2020年10月25日(日曜日) 13:30 – 15:00

「愛」第2章
無条件の愛を「蚕」から教わり、無条件という本当の意味、その愛を知ることで自分自身をさらに大事にすることを身に付けます。

2020年11月1日(日曜日) 13:30 – 15:00

「美」第1章
この宇宙の神羅万象はすべてに「美」が基本です。
形の美しさはもとより、心の美しさもあります。
美しい場所に暮らすことで、居心地よい暮らしが人間の精神にとっていかに必要なことであるかを学びます。

2020年11月8(日曜日) 13:30 – 15:00

「美」第2章
言葉に愛を載せることでその人自身が美に輝きます。
丁寧に生きることの基本、美は知識から知恵に変化していくことを奨励します。
誉め言葉の神髄を学びます。

2020年11月15日(日曜日) 13:30 – 15:00

「財」第1章
人・物・金の環境づくり、聖徳太子が構築した「和の風水」から財の流れを学びます。
江戸時代の循環思想の中でいかに財が循環を好んでいるかの深遠な事実を過去の文化遺産の中から構築していきます。

2020年11月22日(日曜日) 13:30 – 15:00

「財」第2章
自然の循環と人の循環、立春・立夏・立秋・立冬、何かを始めるときの宇宙の動きを自然法則から学びます。
医療費を削り、逆に自然からの健康な生き方を習得して、元気に働ける体と心を作ります。
病の少なかった日本人の暮らしの知恵を学びます。

受講生の声


お申し込み

開催日 2020年10月18日(日曜日)
時間 13:30 - 15:00
講師名 中谷 比佐子
会場名 Zoomミーティング
※ご入金確認後、ミーティング情報をメールでお知らせ致します。
電話番号 03-5350-4261
定員 15名
受講料 50,000円(全6回)
備考 講座を欠席した場合は、録画対応又は次回の同一講座を受講できます。

pagetop